コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楼閣 ロウカク

デジタル大辞泉の解説

ろう‐かく【楼閣】

高層のりっぱな建物。楼台。たかどの。「砂上楼閣」「空中楼閣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ろうかく【楼閣 lóu gé】

中国で2階建て,もしくはそれ以上の高層の建物。たかどの。古代中国では本来,楼は2階建て以上の建物を指し,は四方を観望する見晴しの高層建物をいうが,また見晴し用の高い壇を指す台,台の上に亭(あずまや)を築いた榭(しや),あるいは見晴し用建築の観などと合わせて楼閣,楼台,楼榭,楼観などと連用してこの種の高層建物の類を総称する。木造の楼閣建築はおそくとも漢代には出現したが,現存する遺構では独楽寺観音閣(天津市薊(けい)県,遼の984年建立)が最古である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろうかく【楼閣】

階を重ねて高く造った建物。たかどの。 「砂上の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の楼閣の言及

【天守】より

…信憑性のある史料で重層以上の恒久的な高櫓が確認できるのは,永禄年間の大和の多聞山城の四階櫓(《多聞院日記》)が最初である(1577年に破却)。系譜的には,中世城郭の初期から存在した井楼(せいろう)矢倉と,武家の邸宅の主屋の発達した主殿の両方の要素が考えられ,矢倉が主殿屋上に乗った楼閣から出発したとする説が有力である。それを裏付けるように,初期の天守は下層の大入母屋屋根の上に上層が乗った外観を呈し,内部に通し柱のない望楼型となっている。…

※「楼閣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

楼閣の関連キーワード木軸黒檀加賀高蒔絵(楼閣山水)机上の空論砂上・沙上砂上の楼閣御所解模様楽山大仏空中楼閣染谷知信飛雲閣雲屋台郭忠恕滕王閣嶺南楼凌雲台藻井画楼鳳閣烏有開平堆い

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楼閣の関連情報