楼閣(読み)ろうかく

精選版 日本国語大辞典「楼閣」の解説

ろう‐かく【楼閣】

〘名〙 高層の建物。たかどの。館。楼殿。楼。「砂上の楼閣
※往生要集(984‐985)大文二「講堂精舎、宮殿楼、内外左右、有浴池」 〔西京雑記‐巻四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「楼閣」の解説

ろう‐かく【楼閣】

高層のりっぱな建物。楼台。たかどの。「砂上楼閣」「空中楼閣
[類語]高層建築超高層建築摩天楼高楼高殿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「楼閣」の解説

ろうかく【楼閣 lóu gé】

中国で2階建て,もしくはそれ以上の高層の建物。たかどの。古代中国では本来,楼は2階建て以上の建物を指し,閣は四方を観望する見晴しの高層建物をいうが,また見晴し用の高い壇を指す台,台の上に(あずまや)を築いた榭(しや),あるいは見晴し用建築の観などと合わせて楼閣,楼台,楼榭楼観などと連用してこの種の高層建物の類を総称する。木造の楼閣建築はおそくとも漢代には出現したが,現存する遺構では独楽寺観音閣(天津市薊(けい)県,の984年建立)が最古である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「楼閣」の解説

【楼閣】ろうかく

たかどの。〔西京雑記、四〕の爲に、大第を北闕の下にす。~樓閣臺(だいしや)、轉(うた)た相ひし、山池玩好、雕麗(てうれい)を窮盡す。

字通「楼」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の楼閣の言及

【天守】より

…信憑性のある史料で重層以上の恒久的な高櫓が確認できるのは,永禄年間の大和の多聞山城の四階櫓(《多聞院日記》)が最初である(1577年に破却)。系譜的には,中世城郭の初期から存在した井楼(せいろう)矢倉と,武家の邸宅の主屋の発達した主殿の両方の要素が考えられ,矢倉が主殿屋上に乗った楼閣から出発したとする説が有力である。それを裏付けるように,初期の天守は下層の大入母屋屋根の上に上層が乗った外観を呈し,内部に通し柱のない望楼型となっている。…

※「楼閣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android