工務店(読み)こうむてん

精選版 日本国語大辞典「工務店」の解説

こうむ‐てん【工務店】

〘名〙 建築請負をする店。
※妻隠(1970)〈古井由吉〉「建築工事のどこか小部門だけをもっぱら請負ってやっている小さな工務店の若い者たちで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の工務店の言及

【住宅金融】より

…住宅(宅地を含む)の建設・購入,増改築に要する資金の貸付けをいう。融資の主体によって公的住宅金融(住宅金融公庫等公的機関によるもの)と民間住宅金融(民間金融機関によるもの)にわかれる。また資金利用者によって,個人向け住宅金融(日本では,これを住宅ローンという場合が多い)と住宅等の分譲・賃貸の事業のための事業者向け住宅金融に区分される。住宅金融は一般的に償還期間が長いので,個人向け住宅金融では,年収から支出可能な年返済額と自己資金で個人持家取得が可能になり,住宅取得能力を高める。…

※「工務店」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android