コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場魅力度 しじょうみりょくど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市場魅力度
しじょうみりょくど

事業の評価尺度である投資収益率に影響を与える外的要因として市場規模,成長率,競争 (強さ,タイプ) ,価格水準,収益性,技術,政府規制が考えられる。これらの要因に適当なウェイトづけをして集計することによって当該市場の魅力度が求められる。経営者は,この市場魅力度と自社の市場における競争的地位という情報があって,初めてその事業に対する意思決定を下すことができる。市場魅力度-市場地位という2次元を用いた事業の評価類型は,マッキンゼー・グリッドとして知られる製品ポートフォリオ分析の中で提案された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android