コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政府規制 せいふきせいgovernmental regulation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政府規制
せいふきせい
governmental regulation

広義には国民の私的な活動に政府が介入することだが,狭義には助成行政を除いた規制行政を意味する。市場に対する政府規制は,産業政策や福祉政策など分野により,補助金や政策融資などによる助成行政型,許認可権などによる規制行政型,両者の混合型などに分けられる。だが,これらの政府規制が既得権益化したり,無駄なコストや内外価格差を生じさせたことから,行革の一環として規制緩和が実施されてきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

政府規制の関連キーワードガルフ・アンド・ウェスタン・インダストリーズインターネット自由貿易圏シップ・アメリカン政策規制緩和推進5ヵ年計画ニュー・ナショナリズムサプライサイド経済学サービス貿易一般協定供給サイドの経済学コンテスタブル市場規制緩和[日本]サッチャリズム国際空港評議会イギリス病安価な政府サッチャーオストロム出版取次業反腐敗運動市場魅力度金融自由化

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政府規制の関連情報