影響(読み)えいきょう

精選版 日本国語大辞典「影響」の解説

えい‐きょう ‥キャウ【影響】

〘名〙
かげとひびき。また、人影と人声。
※栗山文集(1842)一・進学喩「半日後、山転林蔽、杳不影響也」 〔鬼谷子‐中経〕
② 影が形に従い、響きが音に応ずるように関係が密接で、速やかに相応ずること。
※性霊集‐七(835頃)菅平章事奉為四思造功徳願文「高天聴卑、影響不虚」 〔書経‐大禹謨〕
③ (━する) 他に働きを及ぼして反応や変化を起こさせること。また、そういうはたらき。
※仏国民法詳説(1877)〈箕作麟祥〉「各人の身分上に多少の影響を及ぼす事ありて」
[語誌]①②の意味は中国古典語の原義をひきついだものだが、②の意味が拡大して日本で③が生じた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「影響」の解説

えい‐きょう〔‐キヤウ〕【影響】

[名](スル)《影が形に従い、響きが音に応じるの意から》
物事の力や作用が他のものにまで及ぶこと。また、その結果。「環境に影響を及ばす」「大勢に影響しない」「影響力」
影と響き。また、物事の関係が密接なこと。
「夫(そ)れ感化の速かなる事、―の如し」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android