影響(読み)えいきょう

精選版 日本国語大辞典「影響」の解説

えい‐きょう ‥キャウ【影響】

〘名〙
かげとひびき。また、人影と人声。
※栗山文集(1842)一・進学喩「半日後、山転林蔽、杳不也」 〔鬼谷子‐中経〕
② 影が形に従い、響きが音に応ずるように関係が密接で、速やかに相応ずること。
※性霊集‐七(835頃)菅平章事奉為四思造功徳願文「高天聴卑、影響不虚」 〔書経‐大禹謨〕
③ (━する) 他に働きを及ぼして反応や変化を起こさせること。また、そういうはたらき。
※仏国民法詳説(1877)〈箕作麟祥〉「各人の身分上に多少の影響を及ぼす事ありて」
[語誌]①②の意味は中国古典語の原義をひきついだものだが、②の意味が拡大して日本で③が生じた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「影響」の解説

えい‐きょう〔‐キヤウ〕【影響】

[名](スル)《影が形に従い、響きが音に応じるの意から》
物事の力や作用が他のものにまで及ぶこと。また、その結果。「環境に影響を及ばす」「大勢に影響しない」「影響力」
影と響き。また、物事の関係が密接なこと。
れ感化の速かなる事、―の如し」〈中村訳・西国立志編
[類語]刺激煽り作用響く差し響く跳ね返る祟る災いする反響反映反応反動反作用波紋余波皺寄せとばっちり巻き添えそばづえ手応え歯応え物議を醸すインパクトリアクションレスポンスフィードバック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「影響」の解説

【影響】えいきよう(きやう)

光と、かげ。また、音とひびき。原因と結果の関係をもつことにたとえる。〔荘子、在宥〕大人のへは、形の影に於ける、聲のきに於けるが(ごと)く、問りて之れに應ず。

字通「影」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android