コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市気 しき

大辞林 第三版の解説

しき【市気】

人々の歓心を得ようとおもねる気持ち。 「理想のない技巧家を称して、所謂-匠気のある芸術家と云ふのだらうと/文芸の哲学的基礎 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

市気の関連キーワードハワード(Luke Howard)ヒートアイランド酒津のトンドウ名古屋(市)布勢の桜姫東奈良遺跡応用気候学愛知(県)川崎(市)都市気候中部地方吉野正敏浜村温泉関東地方大後美保局地気候斎太郎節うたびと貝殻節日置桜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市気の関連情報