コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中人饒舌 さんちゅうじんじょうぜつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山中人饒舌
さんちゅうじんじょうぜつ

田能村竹田画論書。天保5 (1834) 年刊古今画人逸話作風に触れつつ,南画史,絵画批評を随筆風に綴る。文人竹田の面目を示し,すぐれた日本画論として高く評価される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さんちゅうじんじょうぜつ〔サンチユウジンゼウゼツ〕【山中人饒舌】

江戸後期の画論書。田能村竹田著。上下2巻。文化10年(1813)に書き上げられ、天保6年(1835)刊行された。東洋美術に関するきわめて優れた論考集。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

山中人饒舌の関連キーワード淡如・澹如与謝蕪村青木夙夜張瑞図曩昔胡乱容与