俗気(読み)ぞっき

精選版 日本国語大辞典「俗気」の解説

ぞっ‐き ゾク‥【俗気】

〙 名誉や利益にひかれる俗人の気風。通俗な気持。俗臭。ぞっけ。
※足利本人天眼目抄(1471‐73)下「姿も一点俗気は無ぞ」
草枕(1906)〈夏目漱石〉八「どうも才子肌で俗気があって、一向面白うない」

ぞっ‐け ゾク‥【俗気】

※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉二月暦「名うての立春梅を始めとして老梅二百七十株、まだ少しも俗気(ゾクケ)のないが見つけもので有る」

ぞく‐き【俗気】

ぞく‐け【俗気】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「俗気」の解説

ぞく‐け【俗気】

俗っぽい気持ち。名誉や金銭にひかれる気持ち。ぞくき。「多分に俗気がある」

ぞく‐き【俗気】

ぞくけ(俗気)

ぞっ‐け〔ゾク‐〕【俗気】

ぞくけ(俗気)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「俗気」の解説

【俗気】ぞくき

俗臭。

字通「俗」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android