コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布掘り ヌノボリ

デジタル大辞泉の解説

ぬの‐ぼり【布掘り】

建築物の基礎工事で、壁や土台の下となる部分を溝状に細長く掘ること。丁字(ちょうじ)掘り。→総掘り壺掘り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬのぼり【布掘り】

基礎工事で、建物の壁などに合わせて細長く溝みぞ状に土を掘ること。 → 総掘りつぼ掘り

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の布掘りの言及

【根切り】より

…建物の基礎,地下室などをつくるために,その部分の土を掘削すること,またはその穴をいう。住宅などの布基礎などにあたる部分を線状に掘る布掘り,柱などの基礎の部分だけを掘るつぼ掘り,べた基礎や地下室などの場合にその部分全部を掘る総掘りの3種に大別されるが,実際の工事においてはこれらを組み合わせる場合も多い。【岩崎 正義】。…

※「布掘り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

布掘りの関連キーワード壺掘り・壺掘・壷掘り・壷掘比恵遺跡根切り

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android