基礎工事(読み)キソコウジ

精選版 日本国語大辞典の解説

きそ‐こうじ【基礎工事】

〘名〙 建設工事で構造物の基礎や地盤の築造に関連する工事。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉三「日本銀行の基礎工事(キソコウジ)に掛った時には」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の基礎工事の言及

【建築施工】より

…単に〈設計図書に忠実に〉工事を進めるだけではなく,創造的な行為としての施工のあり方を追求していく必要があろう。
[基礎・山止め工事]
 建築物に負荷されるさまざまな荷重(自重,積載荷重,地震荷重,風荷重など)を地盤に伝達するための構造物を基礎構造物といい,基礎構造物の施工を総称して基礎工事という。地盤が十分な耐力をもっている場合には直接地盤の上に基礎構造物を構築するが,地盤の耐力が不十分な場合には地盤改良を行うか杭を打ってその上に基礎構造物を構築する。…

※「基礎工事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

基礎工事の関連情報