コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

師子女王 おさこじょおう

1件 の用語解説(師子女王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

師子女王 おさこじょおう

1805*-1833 江戸時代後期,伏見宮貞敬(さだよし)親王の第1王女。
文化元年12月25日生まれ。母は女房山岸なを。はじめ美目(みめの)宮,のちに幸(さちの)宮と称す。文化2年充(たけの)宮とあらためる。天保(てんぽう)4年6月25日死去。30歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

師子女王の関連キーワードネルソン序曲ムハンマド・アリーネルソンネルソン隠れキリシタン竹内玄同津軽寧親不整合ジアスターゼ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone