帯枕(読み)オビマクラ

大辞林 第三版の解説

おびまくら【帯枕】

帯をお太鼓などに結ぶとき、帯揚げの中に入れて結び目の形を整えるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の帯枕の言及

【帯】より

… 帯揚長さ約1.6m,幅約30cm。江戸末期に帯の形をととのえるために用いられたが帯枕の出現によって装飾用となる。留袖には白の紋綸子か総絞,喪服には黒か白の綸子,花嫁衣装には白や赤の総鹿の子絞か白の紋綸子,7歳の祝着には赤の総鹿の子絞を用いる。…

※「帯枕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帯枕の関連情報