帯枕(読み)オビマクラ

大辞林 第三版の解説

おびまくら【帯枕】

帯をお太鼓などに結ぶとき、帯揚げの中に入れて結び目の形を整えるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おび‐まくら【帯枕】

〘名〙 帯揚げの中に入れて、帯の形を整えるために、帯山に入れる半月形のもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の帯枕の言及

【帯】より

… 帯揚長さ約1.6m,幅約30cm。江戸末期に帯の形をととのえるために用いられたが帯枕の出現によって装飾用となる。留袖には白の紋綸子か総絞,喪服には黒か白の綸子,花嫁衣装には白や赤の総鹿の子絞か白の紋綸子,7歳の祝着には赤の総鹿の子絞を用いる。…

※「帯枕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android