コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯枕 オビマクラ

2件 の用語解説(帯枕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おび‐まくら【帯枕】

女帯をお太鼓などに結ぶとき、背中に固定させたり、形を整えたりするために帯揚げの中に入れる枕状の芯(しん)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の帯枕の言及

【帯】より

… 帯揚長さ約1.6m,幅約30cm。江戸末期に帯の形をととのえるために用いられたが帯枕の出現によって装飾用となる。留袖には白の紋綸子か総絞,喪服には黒か白の綸子,花嫁衣装には白や赤の総鹿の子絞か白の紋綸子,7歳の祝着には赤の総鹿の子絞を用いる。…

※「帯枕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帯枕の関連情報