背中(読み)せなか

精選版 日本国語大辞典「背中」の解説

せ‐なか【背中】

〘名〙
の中央。背骨のあたり。また、背。せな。
※書紀(720)綏靖即位前(北野本南北朝期訓)「再(ふたたひ)(はな)て背(セナカ)に中(あ)つ。遂(つひ)に殺(ころ)しつ」
※宇津保(970‐999頃)内侍督「御ぐしのほど、たけに二尺ばかりあまりて〈略〉ひとせなかこぼるるまであり」
② 物のうしろ側の部分。かげの方。うら。背面。背後。
※玉塵抄(1563)七「みちばたに曹娥が碑のせなかに、字が八あったぞ」
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉七「日輪寺と斜めに脊中(セナカ)を合せる位置に蕎麦切寺と仇名されし称往院といふのが」
③ 負を背負い込むこと。また、費用を他人に負担させること。おんぶ。
※黄表紙・文武二道万石通(1788)下「かくて大磯の大おごりに、百人のせなかにて三万両のさがりが出来」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の背中の言及

【背】より

…背中ともいう。身体の背面のこと。…

※「背中」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android