帰らざる夜明け

デジタル大辞泉プラスの解説

帰らざる夜明け

ベルギー出身の作家ジョルジュ・シムノンの長編小説(1942)。原題《〈〉La veuve Couderc》。『片道切符』の邦題もある。1971年ピエール・グラニエ=ドフェール監督、アラン・ドロン主演で映画化。

帰らざる夜明け

1971年製作のフランス映画。原題《La veuve Couderc》。ジョルジュ・シムノンの同名小説の映画化。監督:ピエール・グラニエ=ドフェール、出演:アラン・ドロン、シモーヌ・シニョレ、オッタビア・ピッコロほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android