コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常時接続 ジョウジセツゾク

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

常時接続

パソコンが常にネットワークに接続されている状態。狭義には、接続時の呼び出しや認証、切断といった手続きが不要で、ユーザーはいつでもすぐにインターネットを利用できる環境をいう。広義では、ダイヤルアップや認証が必要な場合でも、インターネット回線の利用料金に定額制を採用したものは常時接続に含まれる。以前は、こうした常時接続を実現するには高価な専用回線を導入しなければならなかったが、最近では、光ファイバー、CATV、ADSLなど、多様なサービスの中から選べる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

常時接続

インターネット回線に常に接続している状態のことです。ブロードバンド回線の料金が手頃になり、一般家庭でも常時接続が普及しました。国内では、常時接続=定額制というのが一般的です。この「常時接続」と「定額制」は、「大容量・高速」のブロードバンド利用に不可欠の要素です。
⇨定額制、ブロードバンド

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

じょうじせつぞく【常時接続】

インターネットに常に接続している状態、またはその利用形態。国内ではADSLFTTHCATVなどの高速・大容量のデータ通信接続料金の定額制とともに普及し、平成12年(2000)以降、一般家庭でも広く利用されるようになった。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうじせつぞく【常時接続】

ネットワーク端末が、ネットワークに常に繫がっていること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

常時接続の関連キーワードCATV Internetリモート デスクトップ接続Pentium M BASInternet常時接続フレッツ・ISDNフレッツ・サービスWiFiテザリングファイル共有ソフトfetchmailフレッツ・ADSLインターネット接続アップグレードeジャパン構想PPP(通信)ADO.NETIT戦略本部単相誘導機テザリング無線WANBフレッツ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常時接続の関連情報