定額制(読み)テイガクセイ

デジタル大辞泉「定額制」の解説

ていがく‐せい【定額制】

一定料金を払うことで、期間中に何度でもサービスが受けられる形態のこと。特に、インターネット・携帯電話の通信サービス、動画・音楽の配信サービスなどにおける、利用時間や通信量によらず一定の料金を課すシステムについていう。サブスクリプションサブスク。→従量制定額従量制

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

パソコンで困ったときに開く本「定額制」の解説

定額制

パソコンのインターネット接続や携帯電話のデータ通信サービスなどで「月額5000円」といったように、利用時間やデータの送受信量に関わらず利用料金が一定である料金体系のことです。
⇨従量制

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「定額制」の解説

定額制

通信サービスを利用したに払う料金体系のひとつで、サービスを利用した時間にかかわらず、料金が一定の制度のこと。固定制とも呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android