コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平価切(り)下げ ヘイカキリサゲ

百科事典マイペディアの解説

平価切下げ【へいかきりさげ】

英語ではデバリュエーションdevaluation。本位貨幣の金含有量を減らして通貨の対外価値を引き下げること。金本位制度がとられていない場合は為替平価を基準国との比率において引き下げること。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の平価切(り)下げの言及

【平価】より

…それは,ドルに対する信認が薄らいでいたため,自由金市場では金需要が急激に増大し,金のドル表示価格は公定価格を超えて上昇してしまったからである。この金価格の上昇がおきた理由は,いずれアメリカの法定平価によるドルと金との兌換が困難となり,ドルの平価切下げが行われるであろうとの見方が支配的になったことによる。したがって,71年12月,73年3月のドルの法定平価の変更は実質的な意味はなかった。…

※「平価切(り)下げ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平価切(り)下げの関連キーワードフラン(フランスの通貨単位)ポンド(イギリスの通貨単位)ブレトン・ウッズ協定レオポルト(3世)L. エイナウディマーシャル・プランフランスフラン通貨ブロック金不胎化政策国際通貨問題エイナウディ国際通貨基金マカパガル金ブロックエクアドルオリオール人民戦線クローネ平価調整アチソン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android