コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸く サキク

デジタル大辞泉の解説

さき‐く【幸く】

[副]《名詞「幸(さき)」に副詞をつくる接尾語「く」がついたもの》無事に。つつがなく。
「心は君を―来ませと」〈・二〇六九〉

さけく【幸く】

[副]「さきく」の上代東国方言。
「久慈川は―あり待て潮舟にま梶しじぬき我は帰り来む」〈・四三六八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さきく【幸く】

( 副 )
〔「幸さき」に接尾語「く」の付いた形〕
無事に。つつがなく。幸せに。 「楽浪ささなみの志賀の唐崎-あれど大宮人の船待ちかねつ/万葉集 30

さけく【幸く】

( 副 )
〔上代東国方言〕
さきく 」に同じ。 「諸もろもろは-と申す帰り来までに/万葉集 4372

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

幸くの関連キーワード有間皇子瀧口修央久慈川万葉集事幸く顧みる接尾語

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幸くの関連情報