コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久慈川 くじがわ

7件 の用語解説(久慈川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久慈川
くじがわ

岩手県北東部,平庭岳 (1060m) の北麓に源を発し,東流して久慈湾に注ぐ川。全長約 40km。久慈市の芋谷橋から岩井橋にかけての約 5kmの間は深い峡谷をつくり,両岸は石灰岩からなる灰白色の絶壁で久慈渓流と呼ばれ,久慈平庭県立自然公園の一部をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

久慈川
くじがわ

茨城県北部を流れる川。福島県との県境にある八溝山より発し,途中八溝川,里川などと合流して日立市と東海村の境界で太平洋に注ぐ。全長 124km。中流の常陸大宮市以北には河岸段丘が発達し,上位段丘は畑地,下位段丘は水田として利用。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くじ‐がわ〔‐がは〕【久慈川】

茨城県北西部を流れる川。八溝(やみぞ)山の北斜面に源を発し、南流して日立市南端で太平洋に注ぐ。長さ124キロ。農工業や都市用水に利用される。アユの釣り場としても有名。中流域の支流に袋田の滝がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

久慈川【くじがわ】

福島・茨城・栃木県境の八溝山北斜面に発し,茨城県日立市南端で太平洋に注ぐ川。長さ124km,流域面積1490km2。上流は棚倉破砕帯に沿って谷底平野を形成,中流は蛇行(だこう)し河岸段丘が発達,景勝の久慈渓谷をなす。
→関連項目阿武隈高地大宮[町]大子[町]棚倉[町]塙[町]山方[町]矢祭[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くじがわ【久慈川】

茨城,栃木,福島の3県にまたがる八溝(やみぞ)山(1022m)の福島県側斜面に源を発し,茨城県北部を南東流し太平洋に注ぐ川。幹線流路延長124km,全流域面積1490km2。八溝山北麓から北東流し福島県棚倉町付近で南に流れを変えるが,阿武隈川上流とは低丘陵で分水を画しており,下刻作用の盛んな久慈川が阿武隈川上流を争奪したものと考えられる。福島・茨城県境の山地に谷を刻む矢祭(やまつり)渓谷付近から,途中大子(だいご)盆地を経て茨城県山方(やまがた)町付近までの約40kmは,八溝山地西部を穿入(せんにゆう)蛇行し峡谷と急流をつくっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くじがわ【久慈川】

福島と茨城県境の八溝山やみぞさんに源を発し、茨城県日立市南方で太平洋に注ぐ川。長さ124キロメートル。中流域支流に袋田の滝がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県(茨城県)〕久慈川(くじがわ)


福島県南部から茨城県北部を流れる川。1級河川(久慈川水系)。延長124km。流域面積1490km2。八溝(やみぞ)山北麓(ほくろ)に源を発し、福島県棚倉(たなくら)町から南流して茨城県に入り、日立(ひたち)市と那珂(なか)郡東海(とうかい)村の境で太平洋に注ぐ。上流部に奥久慈渓谷の景勝がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の久慈川の言及

【茨城[県]】より

…県北地方では阿武隈高地に属する多賀山地,八溝山地が広い面積を占め,また筑波山地が半島状に突出して常陸台地常総台地を分けている。阿武隈高地を多賀・八溝両山地に分断する久慈川は,かつては福島県中通りとの交通路として利用され,水郡線もこの谷に沿っている。この川は大子(だいご)町から山方町にまたがる個所に峡谷を配し,紅葉と冬の流水凍結で知られる袋田滝に代表される景勝地を核に,観光の対象になっている。…

※「久慈川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久慈川の関連キーワード八溝山八溝山地渡良瀬遊水地上信越常磐炭坑節打ち跨がる跨がる棚倉[町]茨城県久慈郡大子町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

久慈川の関連情報