コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幹囲 カンイ

デジタル大辞泉の解説

かん‐い〔‐ヰ〕【幹囲】

樹木の幹まわりの寸法。多く、人間の目の高さ付近で測り、特にこれを目通り幹囲という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

幹囲の関連キーワード根尾谷淡墨桜立花山樹木

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android