コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寸法 スンポウ

デジタル大辞泉の解説

すん‐ぽう〔‐パフ〕【寸法】

基準となる長さ。また、物の長さ。「寸法をはかる」「寸法を取る」
判断などの基準となるもの。尺度。
「(嫁ニ)可(ゆこう)か否(ゆくまい)かは風邪気の時に浴(ゆ)の分別をするとは大きに―が違えば」〈紅葉・二人女房〉
段取り。もくろみ。計画。「費用は向こうもちという寸法だ」「万事寸法どおりに運んだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すんぽう【寸法】

(基準となる)物の長さ。 「 -を取る(=ハカル)」 「 -が合わない」
(内々の)段取り。筋書き。もくろみ。 「これで万事が丸くおさまるという-だ」
(基準となるような)やり方。 「佐殿の当時の-を以て平家の世をとらんとし給はん事は/盛衰記 20

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寸法の関連キーワードゲージ(検査の基準に用いる器物)air micrometer床上がり・床上り乳下がり・乳下り建築モデュールブロックゲージウエストラインキングサイズ芯々(芯芯)コンパレータはめ合い方式アームホールリフォーマー団地サイズモデュール規格判印刷骨度分寸法限界ゲージベスト判用紙寸法

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寸法の関連情報