コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寸法 スンポウ

デジタル大辞泉の解説

すん‐ぽう〔‐パフ〕【寸法】

基準となる長さ。また、物の長さ。「寸法をはかる」「寸法を取る」
判断などの基準となるもの。尺度。
「(嫁ニ)可(ゆこう)か否(ゆくまい)かは風邪気の時に浴(ゆ)の分別をするとは大きに―が違えば」〈紅葉・二人女房〉
段取り。もくろみ。計画。「費用は向こうもちという寸法だ」「万事寸法どおりに運んだ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すんぽう【寸法】

(基準となる)物の長さ。 「 -を取る(=ハカル)」 「 -が合わない」
(内々の)段取り。筋書き。もくろみ。 「これで万事が丸くおさまるという-だ」
(基準となるような)やり方。 「佐殿の当時の-を以て平家の世をとらんとし給はん事は/盛衰記 20

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寸法の関連情報