コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樹木 じゅもく tree

翻訳|tree

4件 の用語解説(樹木の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

樹木
じゅもく
tree

木本(もくほん)性で多年生種子植物のなかで,主幹が側枝より大きく生長し,二次肥大する植物の総称。木生シダヘゴマルハチなど)は樹木に含むことができるが,大部分は種子植物にみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐もく【樹木】

地面に生えている木の総称。立ち木。「樹木が茂る」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅもく【樹木】

木。立ち木。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樹木
じゅもく

多年生植物のうち、地上部分が1年以上生存し続けるものの一般的な総称。草に対する用語で、木本または単に木(き)ともいう。狭義には、幹に形成層があって肥大成長をするスギ、マツ、ソテツ、イチョウなどの裸子植物とサクラ、カシ、カエデなどの双子葉植物をさすが、広義では、単子葉類であるタケやヤシのほか、シダ植物のヘゴなども含まれる。また高山のお花畑を彩るガンコウラン、ツガザクラ、コケモモなどは背丈が低いため、しばしば草として扱われるが、茎には形成層があって年輪も認められるため、樹木として位置づけられるものである。
 樹木はその高さによって高木と低木に大きく二分されるが、その境になる高さの目安は人によって3メートル前後とか人間の背丈くらいとかいわれ、区分は便宜的である。ただし、高木では一般に1本の幹がはっきりする傾向があるのに対して、低木では多幹になる傾向が強い。また、前述のガンコウランなどはとくに矮生(わいせい)低木とよばれることがある。一方、樹木が1年を通じて葉をつけているものを常緑樹、冬や乾期に葉のないものを落葉樹という。常緑樹のなかには、マツやツバキなどのように1枚の葉が何年にもわたって生き続けるものもあれば、ユズリハやクスノキのように新しい葉が展開した直後に古い葉が一斉に落ちるものなど、さまざまである。これらの性質は樹木の生えている環境によってもある程度変化する。
 裸子植物のうち、マツやスギなど球果植物は細長くて堅い葉をつけるので針葉樹ともよばれるが、これに対して双子葉植物では平坦(へいたん)で幅の広い葉をつけるため、広葉樹とよばれる。樹木は一般に形成層の活動によって木部を多量に蓄積して、いわゆる木材となり、資源として広く利用される。[鈴木三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の樹木の言及

【木】より

…維管束植物のうち,多年生で,茎頂の活動(伸長生長)が無限に続き,茎に形成層をもっていて二次(肥大)生長を行うもの。樹,樹木ともいい,植物学では木本植物という。(草本植物)に対応する語。…

※「樹木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

樹木の関連キーワード木本種子植物草本胚珠被子植物裸子植物植物界胚芽無胚乳種子木本植物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

樹木の関連情報