コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幼年期の終り

デジタル大辞泉プラスの解説

幼年期の終り

英国の作家アーサー・C・クラークの長編SF(1953)。原題《Childhood's End》。異星人とのファーストコンタクト、人類進化をテーマにしたクラークの代表作。『地球幼年期の終わり』の邦題もある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

幼年期の終りの関連キーワードCHILDHOOD'S END―幼年期の終り―アーサー・チャールズ クラーク

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android