コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座入り ザイリ

デジタル大辞泉の解説

ざ‐いり【座入り】

茶会のとき、客が茶席に入ること。また、その作法。席入り。
仲間入りをすること。
「盗人の―をしけるに」〈浮・沖津白波・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ざいり【座入り】

茶の湯で、客が露地から茶席に入ること。席入り。
に入ること。仲間入り。 「こじきは-してより袋を首にかけてありくとや/咄本・露が咄」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の座入りの言及

【宮座】より

…座衆は家を単位として加入するのが古い型であった。加入は座入りと呼ばれ,誕生とともに氏子帳に登録したり,座に届けが提出される。座入りの後にその年齢は一定しないが,烏帽子着(えぼしぎ)とか元服と呼ばれる儀礼がなされる例もみられる。…

※「座入り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

座入りの関連キーワード花柳 章太郎坂東 太三郎市川 岩五郎北村 和夫福田 豊土熊野 隆二横森 久関 敬六大泉 滉杉 兵助題目立初入り席入り都祁初炭咄本

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

座入りの関連情報