コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座屈荷重 ザクツカジュウ

デジタル大辞泉の解説

ざくつ‐かじゅう〔‐カヂユウ〕【座屈荷重】

長い棒や柱などに縦方向の圧力をかけたとき、急に横方向の変形を生じる際の限界の荷重

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の座屈荷重の言及

【座屈】より

…もっとも一般的なのはまっすぐな細長い棒状の材料(このような形態のものを長柱という)を軸方向に圧縮していく場合の座屈で,最初は圧縮に抵抗しているが,圧縮力を増していくと,突然横方向に大きく曲がり出す。これは初めのうちは長柱内部には単純な圧縮応力とひずみが生じてつり合いを保っていたのが,圧縮がある値(座屈荷重)に達すると,このつり合い状態が崩れるために起こるもので,長柱の変形とともに曲げモーメントが発生し,座屈による変形をさらに助長してついには破壊に至る。 座屈は,長柱の長さと断面二次半径との比およびヤング率が小さいほど起こりやすい。…

※「座屈荷重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

座屈荷重の関連キーワードカルマンの有効幅式摩擦鉄柱座屈

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android