コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康運 こううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康運 こううん

?-? 鎌倉時代の仏師。
運慶の次男。父や兄の湛慶(たんけい)とともに,建久8年(1197)京都東寺堂塔の仏像修理,造仏に参加する。のち定慶(じょうけい)に改名したともいわれる。建永元年(1206)高山寺金堂の広目天像をつくった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

康運の関連キーワード健康運動指導士ほんまかよこ定慶(2)ドローイン岡田虎二郎大塚ひとみ今達一九子安光達雄鎌倉時代杉原勇武鎌倉彫谷英子川村綾運慶仏師康円慶派

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

康運の関連情報