康運(読み)こううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

康運 こううん

?-? 鎌倉時代の仏師。
運慶の次男。父や兄の湛慶(たんけい)とともに,建久8年(1197)京都東寺堂塔の仏像修理,造仏に参加する。のち定慶(じょうけい)に改名したともいわれる。建永元年(1206)高山寺金堂の広目天像をつくった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android