コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏師 ぶっし

8件 の用語解説(仏師の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏師
ぶっし

仏像,仏画の制作に従事する人。飛鳥時代には造仏工,造仏師と称し,奈良時代には国家の管轄による造仏所が設けられ,ここに所属するものを造仏師,単に仏師と称し,仏画を担当するものは画工 (えだくみ) ,画 (絵) 師と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶっ‐し【仏師】

仏像を作る工匠。仏工。

ぶっし【仏師】[狂言]

狂言。偽仏師が仏像を求める田舎者をだまして吉祥天の製作を引き受け、自分が吉祥天の仏像になりすますが、いろいろ形を直すうちに正体がばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

仏師【ぶっし】

仏像彫刻に携わる者。平安期以降木像の造像が中心となってから木仏師ともいう。平安中期,康尚(こうじょう),定朝(じょうちょう)の時代から,仏師も世襲化され,仏所の出現とともに流派化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶっし【仏師】

仏像の製作に従事する工人のことで,本来は造仏師の略称。日本で仏師という語が最初に見られるのは623年(推古31)に製作された法隆寺金堂の釈迦三尊像の光背銘で,〈司馬鞍作首(しばのくらつくりのおびと)止利仏師〉とある。その後,奈良時代には,こうした工人は官衙(かんが)に所属し,官営寺院の造仏所に派遣される形で仕事をしている。平安時代に入って官の造寺造仏が減少すると,各有力寺院が造仏所を持ち,工人を抱えることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶっし【仏師】

仏像をつくる工匠。仏工。

ぶっし【仏師】

狂言の一。仏師に化けた悪者が田舎者をだまそうとして、自作と称し吉祥天女像になりすますが、形が悪いと直されているうちに化けの皮がはがれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏師
ぶっし

仏像制作に従事する工人のことで、造仏師の略称。日本で仏師の呼称の初出は、623年(推古天皇31)制作の法隆寺金堂釈迦三尊像(しゃかさんぞんぞう)の光背銘で、「司馬鞍作首(しばくらつくりのおびと)止利仏師(とりぶっし)」とある。その後奈良時代には、こうした工人たちは官衙(かんが)に属し、官営寺院の造仏所に派遣される形で仕事をした。平安時代に入って官の造寺造仏が減少すると、各有力寺院が造仏所をもち、工人を抱えることになった。またこのころ仏画を描く工匠が絵仏師とよばれたのに対し、木に彫刻する工人は木仏師(きぶっし)と称した。平安中期には仏師も職業化し、仏師の工房である仏所が定着すると、仏所の長を大仏師(だいぶっし)といい、その下で手足となって働く者を小仏師とよぶようになった。大仏師という語はすでに奈良時代に、東大寺の造立にあたった国中連公麻呂(くになかのむらじきみまろ)の肩書としてみられるが、これは平安時代のそれとは意を異にし、工人の棟梁(とうりょう)に対する美称と考えられる。これに対して平安時代には、実際の仕事にあたる工人は「仏工」の名でよばれ、本来の大仏師の語は『小右記(しょうゆうき)』治安(じあん)3年(1023)12月23日の条に「大仏師法橋(ほっきょう)定朝(じょうちょう)」とあるのが初例で、これは法成寺(ほうじょうじ)造仏の最高責任仏師の意と解される。
 一方、小仏師は『左経記(さけいき)』寛仁(かんにん)4年(1020)の条に「少仏師」としてみえるのが最初で、主宰仏師は定朝の父康尚(こうしょう)である。これ以前には小仏師とよぶべき者にも「弟子」の語があてられ、康尚自身も単に「仏師」とのみよばれている。こうした例からみても、大仏師、小仏師の名称、組織などがはっきり定まったのは定朝の代からと思われる。定朝が等身仏像27体の造営に仏師120人ほどを動員した例では、定朝が別格の大仏師で、その下に大仏師20人、小仏師105人(つまり大仏師1人に小仏師5人)が従っている。これから推察すると、大仏師とは単に主宰仏師の意のみでなく、長上工、ベテラン、指揮権をもつなど、一定の資格のある仏師に与えられた肩書と思われる。
 奈良時代の仏工は官吏、私人たるを問わず俗人であったが、平安時代になると仏師はすべて僧侶(そうりょ)となった。これは寺に所属したという伝統と、神聖な仏体の制作という理由によるものと思われるが、定朝の活躍した平安中期以後は、僧のうちでも高い位の僧綱(そうごう)位を授けられている。しかしそれは形式上のことで、実際には俗人としての生活を送り、職人的性格を強めていったとみられる。さらに鎌倉時代になると、仏師の機構はいっそう整備され、大仏師の上に惣(そう)大仏師、下に権(ごん)大仏師などもつくられたが、僧としての性格はますます薄れてゆき、室町時代には宮大工、つまり寺院や神社を建てる工匠のなかから仏師となる者も出てくるようになり、平安時代以来、数百年絶えていた僧籍のない俗人仏師が出現し、江戸時代に入ると、そうした俗人仏師がほとんどとなる。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の仏師の言及

【絵仏師】より

…しかし,当時の主要寺院にのこる資財記録から,仏教絵画の旺盛な需要を背景に,それら寺院が専従の画工を必要としたことは容易に推測できる。平安中期には,これらの画工は仏師と記される。945年(天慶8)に浄土図を描いた定豊,1000年(長保2)に五大尊画像を制作した平慶などは共に仏師と呼ばれ,明らかに当時の世俗の画工や絵師とは区別された。…

【興福寺仏師職】より

…大仏師職ともいう。平安中期の11世紀前半に活躍した定朝によって職業仏師としての地位が確立して以後,奈良や京都などの大寺院には仏師がおり,仏所が置かれた。…

【宿院仏師】より

…室町時代,奈良の宿院に住した仏師集団で,その居所からこの名がある。室町時代に入ると俗人の仏師が現れるが,宿院の仏師はその好例で,彼らは番匠つまり大工集団から出たもので,仏師の下請け的仕事をしているうちに仏師として独立した。…

【定朝】より

…平安中期,11世紀前半に活躍した仏師。日本彫刻史上屈指の名匠といわれる。…

【仏所】より

…仏像を製作する造仏所の略であるが,単に仏所といった場合には,奈良時代における官営の造仏所(東大寺造仏所)や,平安時代初期のような大寺院がそれぞれ仏師をかかえていたものとは異なり,平安中期ごろから,仏師の棟梁(とうりよう)である大仏師の家や工房をさし,やがてその大仏師の指揮下にある仏師の集団とその系統をも意味するようになった。日本の職業的仏師の最初といわれる定朝やその子,また弟子が,各自こうした仏所をつくっている。…

※「仏師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仏師の関連キーワード瓦窯帰耕工人工人会鉄工服務土師氏定年帰農バブコック松風堂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仏師の関連情報