コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延高 ノベダカ

大辞林 第三版の解説

のべだか【延高】

江戸時代、同じ石高で年貢の租税率の低い知行所から高い知行所に転封された場合、実質的に増える知行高。 ⇔ 込高こみだか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

延高の関連キーワード江戸時代江島 寛込高石高

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

延高の関連情報