地方凡例録(読み)じかたはんれいろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方凡例録
じかたはんれいろく

江戸時代の農政書。 11巻。高崎藩大石久敬著。 16巻の予定で寛政3 (1791) 年起筆されたが,久敬の死により中絶。第1巻の農政概説から始り,年貢賦課に関する諸事項やキリシタン取締り,貨幣度量衡など江戸幕府民政について広く解説されている。『日本経済大典』『日本史料叢書』所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

地方凡例録【じかたはんれいろく】

江戸時代の代表的地方書高崎藩の郡奉行大石久敬著。11巻。1794年成立。江戸時代石高検地検見(けみ)・小作制・助郷(すけごう)・地方帳簿・川普請(ぶしん)・貨幣などについて詳細に記載し,農政全般についての地方役人の手引書となった。現在でも江戸時代の地方問題を研究する入門書である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じかたはんれいろく【地方凡例録】

江戸時代の代表的な地方書。著者は高崎藩の郡奉行大石久敬(ひさたか)で,領主松平右京亮輝和の命をうけて執筆・献上し,書名も領主の命名という。全16巻を計画したが,11巻の献本を終えたところで病気がひどくなり,11巻の末に跋文を加えてもらったのが1794年(寛政6)11月である。その意味では未完の書であるが,地方に関することは11巻までにほぼ尽くされており,内容は地方総論から始まって石高之事,検地之事,新田切添之事,検見仕法之事等々,江戸時代の地方のこと全般に及んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じかたはんれいろく【地方凡例録】

江戸時代の地方の田制や租税・農政などを記録した書。一一巻。高崎藩士大石久敬著。1791年から94年までの執筆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地方凡例録
じかたはんれいろく

江戸時代の代表的な地方書(じかたしょ)の一つ。著者は大石久敬(ひさたか)(猪十郎(いじゅうろう))。1794年(寛政6)刊。久敬は筑後(ちくご)国(福岡県)久留米(くるめ)の出身で、1783年(天明3)59歳のとき高崎藩に召し抱えられる。のち同藩郡奉行(こおりぶぎょう)となり、91年(寛政3)藩主松平輝和(てるやす)の命により本書の著述に着手する。予定16巻のうち11巻まで著述し終わるも、残り5巻は94年その死により未完となった。本書の内容は、田制、税制をはじめ普請方(ふしんかた)や度量衡など農政・民政全般にわたっている。村方統治の実務的事項が体系的に叙述されており、『民間省要(せいよう)』などと並び江戸時代の地方書としてもっとも優れた著作の一つである。今日まで諸種の異本が流布するが、(1)徳川林政史研究所、早稲田(わせだ)大学所蔵の「筆写流布本」、(2)老中水野忠邦(ただくに)の要請で東条耕(琴台(きんだい))が改正・補訂を加えた「東条本」、(3)南総の大倉儀なる人物が校訂し、1866年(慶応2)に刊行された「大倉本」、の3系統に大別でき、項目名や項目数、振り仮名の有無などに若干の差がみられる。瀧本(たきもと)誠一編『日本経済大典』第43巻、同編『日本経済叢書(そうしょ)』第31巻所収。[飯島千秋]
『大石慎三郎校訂『地方凡例録』上下(1969・近藤出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の地方凡例録の言及

【小作制度】より

…また小農生産力の上昇は手作大経営を縮小させ,その分を小作に出して,いわゆる第2次名田小作の形態を発生させた。【安孫子 麟】
[近世小作制度の諸相]
 近世の小作については最も体系化された地方書である《地方(じかた)凡例録》では,〈自分所持の田畑を居村・他村たりとも他の百姓へ預け作らせ,又は田畑を質地に取り,元地主にても別人にても小作させ,年貢の外に余米又は入米などゝと云て,壱反に何程と作徳を極め作らするを云,元来は佃と云ものなれども,世俗小作と唱へ来る〉と述べており,預作,下作,掟作,請作,卸作,掛け放ちなどとも呼ばれた。小作地の大部分は田畑であるが,屋敷地,山林などの地目も対象となり,一部の地域では牛馬などの家畜も小作の対象となっている。…

【夫食種貸】より

…一方,領主も,みずからの経済的基盤である農民の経営を維持する必要から,夫食種貸を行わざるをえず,領主の〈御慈悲〉に基づく〈御救〉すなわち〈御仁政〉という名目でそれを貸与した。18世紀末の《地方凡例録(じかたはんれいろく)》によると,その貸与方法は次のようである。農民が夫食貸を願い出た場合,まず役人を派遣して村内の家ごとに米穀家財などの蓄えの有無を細かく調査し,そのうえで,農具のほかに売り払う品もなく,かつ助け合うべき親類縁者もいない者にのみ貸付けを認める。…

※「地方凡例録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android