コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知行所 ちぎょうしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知行所
ちぎょうしょ

もと知行知行地,給知,給所と同じ意味で,主君が家臣に与えた所領のことであったが,江戸幕府では幕臣である旗本御家人に与えられた土地をこう呼んだ。御家人の場合,旗本と区別して給知 (給地) と称されることもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちぎょう‐しょ〔チギヤウ‐〕【知行所】

知行している土地。また、支配している土地。江戸時代では、旗本封地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちぎょうしょ【知行所】

知行として給与された土地。領地。特に江戸時代、一万石以下の武士(旗本など)の領地をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の知行所の言及

【相給】より

…江戸時代の知行割は村高を基準に1村単位で給与されるのを原則としたが,相給方式をとることがしばしば行われ,江戸時代知行制の一特色となっている。相給例は地頭の知行所(旗本知行所,藩士知行所)にとくに著しい。公家領,寺社領でも少なくないが,領主の領分(大名領,天領)では少ない傾向にあった。…

【安堵】より

…【笠松 宏至】
[近世]
 江戸時代には主君から給与された所領知行は一代限りという原則のもとに,相続は許可制をとり,将軍代替りの際には判物(はんもつ)あるいは朱印状によって継目安堵が行われ,大名よりは判物や黒印状をもって行われた。朱印状によって安堵された所領は総称して朱印地というが,大名領が領分,旗本領が知行所と呼ばれるのに対し,狭義には寺社領のみを指す。これに対し大名による安堵地を黒印地という。…

【給地】より

…江戸時代,大名領主が家臣に与えた土地,あるいはその支配権。知行所と呼ばれることもあったが,大名の所領を領知,旗本・御家人の所領を知行所と呼んで区別した。給地を得たものを給人(きゆうにん)と呼んだ。…

【藩】より

…江戸時代,将軍より1万石以上の領地を与えられた大名の所領,あるいは,その所領支配の組織・機構を藩と呼ぶ。藩の呼称は,江戸幕府の大名領に対する公称ではなく,当時は〈領知〉あるいは〈知行所〉と呼ばれていた。藩が行政単位として公式に使用されたのは1868年(明治1),明治維新政府が旧大名領を藩と呼び,旧幕領に府県を置いたときから,71年の廃藩置県までのわずかの期間である。…

※「知行所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

知行所の関連キーワード知行割り・知行割仁賀保[町]堀越三右衛門地方知行制大沢小才太宗門改帳地方知行熊沢蕃山知行付け知行取り諸士法度交替寄合竜門騒動貢税料所牧の方庭瀬藩松代藩兵賦金沢海藩三河衆

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知行所の関連情報