コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

込高 こみだか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

込高
こみだか

江戸時代,地方 (じかた) 取の家臣 (→給人 ) や旗本が年貢率の低い新給地に移されるとき,年貢率を変えず,しかも知行主の年貢収入が減少しないように,前知行高より余分に渡すをいう。逆に新給地の租率が高く,しかも知行高を減らさずに渡す場合の増加分を延高 (のべだか) という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こみ‐だか【込高】

江戸時代、領地替えなどで、従来知行高と新しい石高が等しいのに年貢率の相違によって収入額が減少する場合、別に増加された石高。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こみだか【込高】

江戸時代、転封の際に、同じ石高でも年貢の租税率の低い知行所に移って収入が減る場合、不足分を補うため、別に支給される石高。 ↔ 延高のべだか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

込高の関連キーワード三遊亭 小円馬(4代目)米川敏子(1世)米川敏子(初代)木下 八百子坪内 美詠子米川 敏子末広 照啓赤堀 全子萩本欽一江戸時代末広照啓坪内美子三根山藩