コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強強し コワゴワシ

デジタル大辞泉の解説

こわごわ・し〔こはごはし〕【強し】

[形シク]
いかにもこわばっている。ごわごわしている。
「裳、唐衣(からぎぬ)など―・しく装束きたるもあり」〈能因本枕・一二四〉
無骨である。ぎこちない。
「おのづから―・しき声に読みなされなどしつつ」〈帚木
強情だ。気性が強い。
「情なく―・しうは見えじと思へり」〈・花宴〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こわごわし【強強し】

( 形シク )
こわばっている。ごつごつしている。 「 - ・しういららぎたる物ども/源氏 手習
いかにも強情である。 「情なく-・しうは見えじと思へり/源氏 花宴
洗練されていない。無骨だ。 「 - ・しき声に読みなされなどしつつ/源氏 帚木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

強強しの関連キーワード唐衣源氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android