コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強粘結炭 きょうねんけつたん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強粘結炭
きょうねんけつたん

粘結炭」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の強粘結炭の言及

【原料炭】より

…製鉄用のコークス,都市ガスや化学原料用のガスなどを製造する目的で使用される石炭を指し,ボイラー,加熱炉などに燃焼を目的として使用される石炭と区別して用いられる名称である。コークス,ガスのいずれを主目的とするかで原料炭に要求される性状は異なるが,製鉄用の強度の大きいコークスを製造するためには強粘結炭が適しており,純炭発熱量8400kcal/kg以上,燃料比(固定炭素と揮発分との比)1.8以上の石炭がこれに相当する。ガス製造を目的とする場合は,粘結性よりも発生するガスの量と質が重要であり,揮発成分の多い弱粘結炭が賞用される。…

※「強粘結炭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

強粘結炭の関連キーワードリウパンシュイ(六盤水)特別市ペンシー(本渓)特別市シュイチョン(水城)県チーシー(鶏西)特別市直接製鉄法ドネツ炭田佐世保炭田鹿町[町]鹿町〈町〉撫順炭田ケメロボ原料炭瀝青炭石炭鹿町莱蕪池島棗荘選炭