コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彦湯支命 ひこゆきのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

彦湯支命 ひこゆきのみこと

先代旧事本紀(くじほんぎ)」にみえる饒速日(にぎはやひの)命の孫。
綏靖(すいぜい)天皇の代に足尼(すくね)となり,のち申食国政大夫(けくにのまつりごともうすうなきみ)となる。物部(もののべ)氏の祖といわれる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android