彦湯支命(読み)ひこゆきのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

彦湯支命 ひこゆきのみこと

先代旧事本紀(くじほんぎ)」にみえる饒速日(にぎはやひの)命の孫。
綏靖(すいぜい)天皇の代に足尼(すくね)となり,のち申食国政大夫(けくにのまつりごともうすうなきみ)となる。物部(もののべ)氏の祖といわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android