後生畏る可し(読み)コウセイオソルベシ

デジタル大辞泉の解説

後生(こうせい)畏(おそ)る可(べ)し

《「論語」子罕から》後進の者は努力しだいでどれほどの力量を身につけるかわからないので、おそれなければならない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうせいおそるべし【後生畏る可し】

〔論語 子罕
後進の者は、今後どのように向上・発展するかわからないのでおそれるに値する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android