力量(読み)りきりょう

精選版 日本国語大辞典の解説

りき‐りょう ‥リャウ【力量】

〘名〙
① 物事をなす力の程度。能力。腕前。器量。
※正法眼蔵(1231‐53)谿声山色「かくのごとくの道理、仏法の力量の究竟せざるにはあらず」
※太平記(14C後)二九「忠実は打物取て手は、ききたれども、力量(リキリャウ)なき者なれば、力増りに逢て始終は叶はじと覚るぞ」
② (形動) 力の程度がすぐれていること。力があること。すぐれた腕前であること。また、そのさま。
※蔭凉軒日録‐文明一九年(1487)四月一五日「後藤筑後守舎弟美作守膂力過人、大力量者也。其武雄天下無其隠者也」
③ 力の量。エネルギーの量。
※経済小学(1867)上「先づ財本を費し工場を設け種々の大力量を発すべき器械を結構し多量の材料を貯へ工人の衣食を備ふる事を要す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りき‐りょう〔‐リヤウ〕【力量】

物事を成し遂げる力の程度。能力の大きさ。「指導者としての力量が問われる」
物理的な力の量。また、エネルギーの量。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android