力量(読み)リキリョウ

  • りきりょう ‥リャウ
  • りきりょう〔リヤウ〕

大辞林 第三版の解説

力の強さの度合。また、能力の程度。腕前。 -が問われる
能力があること。力があること。 武芸-の聞えある上官二人/読本・弓張月 拾遺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
物事をなす力の程度能力腕前器量
※正法眼蔵(1231‐53)谿声山色「かくのごとくの道理、仏法の力量の究竟せざるにはあらず」
※太平記(14C後)二九「忠実は打物取て手は、ききたれども、力量(リキリャウ)なき者なれば、力増りに逢て始終は叶はじと覚るぞ」
② (形動) 力の程度がすぐれていること。力があること。すぐれた腕前であること。また、そのさま。
※蔭凉軒日録‐文明一九年(1487)四月一五日「後藤筑後守舎弟美作守膂力過人、大力量者也。其武雄天下無其隠者也」
③ 力の量。エネルギーの量。
※経済小学(1867)上「先づ財本を費し工場を設け種々の大力量を発すべき器械を結構し多量の材料を貯へ工人の衣食を備ふる事を要す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

力量の関連情報