コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後退変成作用 こうたいへんせいさようretrograde metamorphism, regressive metamorphism, retrogressive metamorphism

1件 の用語解説(後退変成作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

後退変成作用

風化作用以外の原因で,変成岩がより低変成度の岩石に変化することで,一般に岩石が生成した時よりも低い温度で変成作用を受けること[Harker : 1932].火成岩起源の変成岩はすべて下降変成作用を受けたことになり,この意味で用いることもあるが,普通には変成岩が最高温度に達した後に引き続く温度降下で低温の変成岩になることをいう.岩石は累進変成作用が行われて高度の変成作用を受けた変成岩になると,脱水作用によって水などの揮発性成分が系から追い出されてしまい,その後の低度の変成作用を受けても簡単には変化しない.
下降変成作用は累進変成作用に比べると格段に起こりにくい.この変成作用には水の影響なども考えられるが風化作用などは含めない.英語には類似の表現があり,後退変成作用(regressive metamorphism)[Tyrrell : 1926, Schwartz & Todd : 1941],ダイアフトレシス(diaphthoresis),降温期変成作用(retrogressive metamoprhism)[Turner : 1938, Schwartz & Todd : 1941],レトロ変成作用(retrometamorphism)[Grubenmann & Niggli : 1924]などすべて同じ後退変成作用である.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone