類似(読み)るいじ

精選版 日本国語大辞典「類似」の解説

るい‐じ【類似】

〘名〙 似かようこと。また、似かよっていること。共通点があること。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉四「処には似したるもの多く」 〔論衡‐説日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「類似」の解説

るい‐じ【類似】

[名](スル)互いに共通点があること。似かようこと。「筆法が類似している」「類似品」
[類語]共通相似酷似近似似たり寄ったり類縁髣髴似る似寄る似つく似通う通う相通ずる類するまが肖似しょうじするあやかる瓜二つ生き写し丸写しそっくりそのまま似寄り疑似空似もどき紛い紛らわしい似非カーボンコピー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android