類似(読み)ルイジ

デジタル大辞泉の解説

るい‐じ【類似】

[名](スル)互いに共通点があること。似かようこと。「筆法が類似している」「類似品」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

るいじ【類似】

( 名 ) スル
二つ以上のものの間に互いに似かよった点が存在すること。 「犯罪の手口が-する事件」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

るい‐じ【類似】

〘名〙 似かようこと。また、似かよっていること。共通点があること。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉四「処には類似したるもの多く」 〔論衡‐説日〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

類似の関連情報