後釜・跡釜(読み)あとがま

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐がま【後釜・跡釜】

〘名〙
① かまどに、残り火があるうちに次の釜をかけること。また、その釜。
② 前人の退いたあとの地位。また、その地位につく人。
(イ) 後任。後任者。あとがわり。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉九「跡釜(アトカマ)として早速雇入たし」
(ロ) 後添いの妻。
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)二番目「こなさん遠(とほ)に跡釜(アトガマ)に引摺り込む相談に、極めてあらうがな」
③ 単に、その次の者。兄に対して弟をいう類。おつぎ。
※雑俳・末摘花(1776‐1801)三「跡(あト)釜を仕込み総領やせるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android