コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松原岩五郎 まつばら いわごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松原岩五郎 まつばら-いわごろう

1866-1935 明治-昭和時代前期の小説家,新聞記者。
慶応2年8月6日生まれ。明治25年国民新聞の記者となり,都市下層社会ルポルタージュを連載し,「最暗黒之東京」にまとめた。のち博文館の「女学世界」編集長。昭和10年2月26日死去。70歳。伯耆(ほうき)(鳥取県)出身。旧姓は吹野。号は二十三階堂,乾坤一布衣(けんこんいちほい)など。著作はほかに「征塵(せいじん)余録」「社会百方面」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松原岩五郎

没年:昭和10.2.26(1935)
生年:慶応2.8.6(1866.9.14)
明治時代ジャーナリスト。別名に二十三階堂などがある。伯耆国(鳥取県)の酒造業吹野儀三郎の4男。17歳のとき,松原家の養子となる。最初は小説家として出発したが,幸田露伴の推薦で明治25(1892)年国民新聞社に入社する。二葉亭四迷の影響を受けて,東京の下層社会を探訪し,その詳細なルポを『国民新聞』に掲載した。これに書き下ろしを加えたのが『最暗黒の東京』(1893)で,記録文学の傑作として,横山源之助日本之下層社会』と並び称される作品。日清戦争(1894~95)が始まると,従軍記者として派遣され,戦地から通信文を送った。

(小宮一夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつばらいわごろう【松原岩五郎】

1866‐1935(慶応2‐昭和10)
明治・大正期のジャーナリスト。乾坤一布衣と号する。伯耆国(鳥取県)淀江の造り酒屋生まれる。青年時代,大阪,東京で苦学後,二葉亭四迷の影響を受け,社会探訪に従事し,認められて1882年国民新聞社に入社。体験をもとに貧民ルポを紙上に発表し,翌年《最暗黒の東京》にまとめて評判を得た。横山源之助の《日本之下層社会》とともに当時の代表的な貧民ルポである。横浜,台湾,足尾などの民衆生活を記した《社会百方面》(1897)もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松原岩五郎の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法