コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徐賁 じょほんXú Bēn

世界大百科事典 第2版の解説

じょほん【徐賁 Xú Bēn】

1335‐93
中国,元末・明初の文人画家。字は幼文,号は北郭生。原籍は四川省。常州(江蘇省武進)より呉(江蘇省蘇州)に徙居した。1374年(洪武7)すすめられて上京し,76年給事中となり,のち河南左布政使に至ったが,行軍兵士の接待について訴えられ,獄中に病死した。元末四大家の画風を継承して山水画を得意としたほか,詩人としても著名で,高啓(青丘),楊基,張羽とともに〈呉中の四傑〉と称せられた。著に《北郭集》10巻がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

徐賁の関連キーワード西園寺公宗諏訪頼重護良親王白旗城南北朝時代(日本)イルハン国竹下の戦い中先代の乱宝戒寺護良親王