接待(読み)セッタイ

  • 接待/摂待
  • 謡曲

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
客をもてなすこと。もてなし。「得意先を―する」「―係」
人の集まるところなどで、一般の人に湯茶などを振る舞うこと。
寺の門前や往来に清水または湯茶を出しておき、通りがかりの修行僧に振る舞うこと。接待茶。 秋》「―の寺賑(にぎは)しや松の奥/虚子
謡曲。四番目物金春(こんぱる)以外の各流。宮増(みやます)作といわれる。山伏姿の義経主従が奥州の佐藤継信の館(やかた)で老母から接待を受け、弁慶継信忠信兄弟の最期を語る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の接待の言及

【もてなし】より

…引出物。また入湯や寝所の設備が大きな要件となることもあり,一般に客人の供衆への接待も,もてなしの厚薄にかかわる。 これらの効果は,場面に応じて多様であり,ときには,たとえばいろりに投ぜられる木が最大のもてなしにもなるが,一般には,この諸分野の多くに格式が整い,諸階層とも,その作法への習熟が求められた。…

※「接待」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接待の関連情報