常州(読み)ジョウシュウ

世界大百科事典 第2版の解説

じょうしゅう【常州 Cháng zhōu】

中国,江蘇省南部の省直轄市。市域に金壇,漂陽,武進の3県級市を含む。面積は4371km2(うち市区211km2)。人口は331万(うち市区71万)(1994)。太湖と長江(揚子江)の間に開けた沖積平野を占め,大運河と京滬(けいこ)鉄道(北京~上海)が平行して通過する。早くから開けた地域で,漢代に毗陵(びりよう)県が置かれ,以後晋陵県,武進県,陽湖県などと変遷したが,解放以後,武進県の市街地に州市が置かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常州
じょうしゅう / チャンチョウ

中国、江蘇(こうそ)省南部の地級市。5市轄区を管轄し、(りつよう)市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口370万9000(2015)。市街は隋(ずい)以来大運河に沿い、また滬寧(こねい)線(上海(シャンハイ)―南京(ナンキン))が通じる交通の要地である。春秋時代には呉(ご)国の延陵邑(えんりょうゆう)で、漢代に(ひりょう)県が置かれ、晋(しん)代に陵県から分離して武進(ぶしん)県が設けられ、隋(ずい)代は常州の、元代以後は常州路または常州府の治所であった。1949年武進県の市街区に常州市が設けられた。江浙(こうせつ)穀倉地帯の中心に位置し、米、生糸、豆など農産物の集散地として古くから知られた。中華人民共和国成立後は紡績工業のほか重化学工業が急速に発達した。現在では、機械、自動車部品、紡績などの工業が発達している。伝統工芸として櫛(くし)、梳(す)き櫛、竹細工が有名である。[林 和生・編集部]

世界遺産の登録

2014年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「中国大運河」の構成資産として、常州運河が世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常州の関連情報