得物(読み)エモノ

デジタル大辞泉の解説

え‐もの【得物】

最も自分の得意とする武器。また、広く武器のこと。「得物を手に戦う」
自分の最も得意なこと。得意な技。
「左様のをさない御方に御指南を申すは私の―で御座る」〈虎寛狂・腹立てず〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えもの【得物】

得意とする武器。また、単に武器。 「手に手に-を持つ」 「斧を執るもの、戟を持つもの、皆それぞれ、-に身を固めて/偸盗 竜之介
得意なこと。自信のある技。 「かうした所を名誉呼寄せるが我等が-じや/浮世草子・禁短気」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

得物の関連情報