御方(読み)オオンカタ

デジタル大辞泉の解説

おおん‐かた〔おほん‐〕【御方】

貴人の住居。お住まい。
「父母、北の―になむ住み給ひける」〈宇津保・藤原の君〉
貴人、特に、貴婦人・姫君の敬称。
「―(=中君)は、とみにも見給はず」〈総角

お‐かた【御方】

他人を敬っていう語。「あのお方の紹介なら信用します」→方(かた)4
貴人の妻妾(さいしょう)や子女の敬称。
「明日は殿ごの砧打(きぬたう)ち、―姫ごも出て打たい」〈松の葉・一〉
近世、庶民が他人の妻を敬っていう語。
「なんと―茶はまだあるまい」〈浄・孕常盤

おん‐かた【御方】

[名]おおんかた」に同じ。
「小松殿、中宮の―に参らせ給ひて」〈平家・三〉
[代]二人称の人代名詞。貴人を敬っていう。あなたさま。
「―をばまったくおろかに思ひ参らせ候はず」〈平家・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おかた【御方】

人を敬っていう語。 「あの-の言うことなら間違いない」
他人の妻の敬称。 「亭主のもてなし、-のけいはく/浮世草子・一代男 3
貴人の妻妾や子女の敬称。 「明日は殿ごの砧打、-姫ごも出て打たい/松の葉」

おんかた【御方】

( 名 )
貴人を敬ってその居所をいう語。 「中宮の-へ参らせ給ひ/平家 4
貴人、ことに貴婦人・姫君を敬っていう語。おかた。 「貞観殿の-は/蜻蛉
( 代 )
二人称。貴人を敬っていう。あなたさま。 「 -をば全くおろかに思ひ参らせ候はず/平家 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐かた【御方】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 人を敬っていう語。「かた」よりも敬意が高い。
※虎明本狂言・夷大黒(室町末‐近世初)「それにみえさせ給ふは、いかやうなる御かたにて候ぞ」
貴人妻妾や子女の部屋。また、その妻妾や子女を敬っていう語。
※吾妻鏡‐延応元年(1239)八月八日「二棟御方 将軍家御寵。号大宮殿
③ 中流以下で、他人の妻を呼ぶ語。近世では農家や一般町家の人妻に対していったが、青森県や九州地方では、今でも格式ある家の主婦に対していう。また、宮城・山形県や関東・甲信地方では、自分の妻のことを他にいう場合や陰口に使う。
※仮名草子・竹斎(1621‐23)上「頭巾は三条唐物屋甚吉殿のおかたより、赤き錦を百日ばかりの其内に心を尽し縫ひ立て」
④ おもに、女が男を深い敬意をこめていう語。遊里で多く用いた。
※歌舞伎・傾城壬生大念仏(1702)上「奥にござる民彌様は、傾城狂ひをなされたお方なれば」
⑤ 舅(しゅうと)と同居している場合の嫁の部屋。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑥ 貴人の家で部屋住みの息子の称(随・貞丈雑記(1784頃))。
⑦ 村の旧家の称。「岡田」などと書き、屋号、通称、姓になったものも多い。

おん‐かた【御方】

(「おん」は接頭語)
[1] 〘名〙
① 貴人の住居、居室の敬称。おすまい。
※落窪(10C後)一「うちわらひ給て、御かたにおはして」
② 住居の意から転じて、その住人、すなわち貴人の敬称。男に対しても女に対しても用いたが、特に貴婦人、姫君に対する敬称として用いた例が多い。多く、「…の御方」の形で用いる。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「西のおとどは女御の君の御方、〈略〉すみ給ふ」
[2] 〘代名〙 対称。貴人に対して用いる。あなたさま。
※堤中納言(11C中‐13C頃)はなだの女御「『御かたこそ、此の花はいかが御覧ずる』と言へば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android