御方(読み)オオンカタ

デジタル大辞泉の解説

おおん‐かた〔おほん‐〕【御方】

貴人の住居。お住まい。
「父母、北の―になむ住み給ひける」〈宇津保・藤原の君〉
貴人、特に、貴婦人・姫君の敬称。
「―(=中君)は、とみにも見給はず」〈総角

お‐かた【御方】

他人を敬っていう語。「あのお方の紹介なら信用します」→方(かた)4
貴人の妻妾(さいしょう)や子女の敬称。
「明日は殿ごの砧打(きぬたう)ち、―姫ごも出て打たい」〈松の葉・一〉
近世、庶民が他人の妻を敬っていう語。
「なんと―茶はまだあるまい」〈浄・孕常盤

おん‐かた【御方】

[名]おおんかた」に同じ。
「小松殿、中宮の―に参らせ給ひて」〈平家・三〉
[代]二人称の人代名詞。貴人を敬っていう。あなたさま。
「―をばまったくおろかに思ひ参らせ候はず」〈平家・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おかた【御方】

人を敬っていう語。 「あの-の言うことなら間違いない」
他人の妻の敬称。 「亭主のもてなし、-のけいはく/浮世草子・一代男 3
貴人の妻妾や子女の敬称。 「明日は殿ごの砧打、-姫ごも出て打たい/松の葉」

おんかた【御方】

( 名 )
貴人を敬ってその居所をいう語。 「中宮の-へ参らせ給ひ/平家 4
貴人、ことに貴婦人・姫君を敬っていう語。おかた。 「貞観殿の-は/蜻蛉
( 代 )
二人称。貴人を敬っていう。あなたさま。 「 -をば全くおろかに思ひ参らせ候はず/平家 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android