コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御方 オオンカタ

デジタル大辞泉の解説

おおん‐かた〔おほん‐〕【御方】

貴人の住居。お住まい。
「父母、北の―になむ住み給ひける」〈宇津保・藤原の君〉
貴人、特に、貴婦人・姫君の敬称。
「―(=中君)は、とみにも見給はず」〈総角

お‐かた【御方】

他人を敬っていう語。「あのお方の紹介なら信用します」→方(かた)4
貴人の妻妾(さいしょう)や子女の敬称。
「明日は殿ごの砧打(きぬたう)ち、―姫ごも出て打たい」〈松の葉・一〉
近世、庶民が他人の妻を敬っていう語。
「なんと―茶はまだあるまい」〈浄・孕常盤

おん‐かた【御方】

[名]おおんかた」に同じ。
「小松殿、中宮の―に参らせ給ひて」〈平家・三〉
[代]二人称の人代名詞。貴人を敬っていう。あなたさま。
「―をばまったくおろかに思ひ参らせ候はず」〈平家・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おかた【御方】

人を敬っていう語。 「あの-の言うことなら間違いない」
他人の妻の敬称。 「亭主のもてなし、-のけいはく/浮世草子・一代男 3
貴人の妻妾や子女の敬称。 「明日は殿ごの砧打、-姫ごも出て打たい/松の葉」

おんかた【御方】

( 名 )
貴人を敬ってその居所をいう語。 「中宮の-へ参らせ給ひ/平家 4
貴人、ことに貴婦人・姫君を敬っていう語。おかた。 「貞観殿の-は/蜻蛉
( 代 )
二人称。貴人を敬っていう。あなたさま。 「 -をば全くおろかに思ひ参らせ候はず/平家 7

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御方の関連キーワード神奈川県藤沢市西富駆り武者・駆武者御入り候ふ物恥づかし仰せ聞ける御方包丁万乗の君明石の上按察典侍忍び忍び見回らす陽に開く人代名詞明石中宮合力米東向き北の方遊行寺竹御所虐げる

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御方の関連情報