徳を見る(読み)とくをみる

精選版 日本国語大辞典の解説

とく【徳】 を 見(み)

恩恵をこうむる。おかげをこうむる。恩徳を受ける。
落窪(10C後)四「北の方、何ばかりのとくか我は見侍る。おとどは父なればせしにこそあめれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android