コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳佐瓜

1件 の用語解説(徳佐瓜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

徳佐瓜

山口県阿東町で生産されるウリ。果皮は淡い緑色で濃い緑色の縦縞がつき、形状は短円筒形で、実の大きさは1~1.5kg程度。奈良漬やなますなどにして食する。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳佐瓜の関連キーワードバートレットあおしまうり阿蘇地きゅうりかわずうりぎんうり黒門青大縞瓜島うり白おくらホワイトゼノアモーウィ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone