コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心後れ ココロオクレ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐おくれ【心後れ】

気がひるむこと。気後れ。
「すこし―がしたが、努めて気を励まして」〈近松秋江・疑惑〉
気がきかないこと。愚かであること。
「―にして出で仕へ、無智にして大才に交はり」〈徒然・一三四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こころおくれ【心後れ】

( 名 ) スル
恐れひるむこと。気おくれ。 「遂-が致しまして/露団々 露伴
心が劣ること。 「かたち見にくく、-にして出で仕へ/徒然 134

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

心後れの関連キーワード大才

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android