コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心所有法 しんじょうほうcaitta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心所有法
しんじょうほう
caitta

仏教用語。心数 (しんじゅ) とも訳される。また略して心所ともいう。すなわち心王に従属し,心と相応し,心と同時に存在する種々の精神作用のこと。『倶舎論』では,6種類の 46の心所有法を立てて説明している。大地法の 10,大善地法の 10,大煩悩地法の6,大不善地法の2,小煩悩地法の 10,不定地法の8に分けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

心所有法の関連キーワード五位七十五法五位百法

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android