コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心所有法 しんじょうほうcaitta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心所有法
しんじょうほう
caitta

仏教用語。心数 (しんじゅ) とも訳される。また略して心所ともいう。すなわち心王に従属し,心と相応し,心と同時に存在する種々の精神作用のこと。『倶舎論』では,6種類の 46の心所有法を立てて説明している。大地法の 10,大善地法の 10,大煩悩地法の6,大不善地法の2,小煩悩地法の 10,不定地法の8に分けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android