倶舎論(読み)くしゃろん

百科事典マイペディアの解説

倶舎論【くしゃろん】

小乗仏教教理の大成書である《大毘婆沙論(だいびばしゃろん)》の綱要書。30巻。正しくは阿毘達磨(あびだつま)倶舎世親(せしん)の著で,経量部の立場から有部(うぶ)宗の教理を批判したもの。中国では玄奘(げんじょう),真諦(しんだい)の訳があり,法相(ほっそう)宗の基本教学書。
→関連項目説一切有部

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倶舎論
くしゃろん

詳しくは『阿毘達磨(あびだつま)倶舎論』という。インドの仏教論書。原名はアビダルマコーシャAbhidharmakoa(アビダルマの蔵)。著者は世親(せしん)(バスバンドゥVasubandhu)。成立は4、5世紀。部派仏教(小乗仏教)中もっとも有力な部派であった説一切有部(せついっさいうぶ)(有部ともいう)の教義体系を整理、発展させ集大成した名著である。しかし作者の世親は有部の教義にまったくは従わず、根本的立場に関して処々に経量部(きょうりょうぶ)または自己の立場から有部の主張を批判している。
 本書は約600の頌(じゅ)(カーリカーkrik。韻文)とそれらに対する長行釈(じょうごうしゃく)(バーシュヤbhya。散文の説明)からなる。全体は9品(ほん)(章)に分かれ、初めの2品で基本的な法(ダルマ)の定義と諸相を明かし、次の3品で迷いの世界を、後の3品で悟りの世界をそれぞれ説明し、最後の付録的性格をもつ1品では無我を証明する。『倶舎論』は先行する原始仏教の思想を体系化し、後の大乗仏教にも深い影響を与えたので、仏教学の基礎として後世大いに用いられた。中国ではとくに法相宗(ほっそうしゅう)で研究され、日本では奈良時代に倶舎宗が成立して南都六宗の一つに数えられた。異訳としては『倶舎釈論(しゃくろん)』(真諦(しんだい)訳)の漢訳と、チベット語訳がある。そのサンスクリット本は1937年ラーフラ・サーンクリティヤーヤンによりチベットで発見され、67年インドのプラダン教授が校訂出版した。[加藤純章]
『桜部建・上山春平著『仏教の思想2 存在の分析〈アビダルマ〉』(1969・角川書店) ▽桜部建著『仏典講座18 倶舎論』(1981・大蔵出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android